こんにちは
豆母ちゃんです


ぼさ豆〜(ぼさぼさ豆助)
FullSizeRender

お風呂に入れない彼ら
お天気も良いのでお手入れします


準備するもの
FullSizeRender
・パロ専用クリーナー
・スリッカーブラシ(ソフトタイプ ペット用)
・水で濡らししっかり絞ったタオル



パロ専用クリーナーは

IMG_7213
人にも環境にも優しい


FullSizeRender
スプレーをして、


FullSizeRender
力を割と入れて拭きます
母ちゃんは、容赦なくゴシゴシ
汚れが目立つところは、スプレー→拭くを
繰り返していきます。

ハンドクリーム等の油脂系の汚れがついてしまったときは、熱いお湯で絞ったタオルで拭き取ったこともありました
(これは、ほんと格闘
でも、何度か繰り返していくうちにとれていきましたよ〜


さて、お顔まわり
IMG_7210
「おひげ」「まぶた」に気をつけて〜
(おひげはセンサーが付いてます。交換すると結構なお値段


IMG_7209
お口や目の周りは「つまむ」ようにして拭いたりします

IMG_7211

こちら側で汚れが目立つのは、顎の下や手先、手の付け根や尾びれの先。
そこもスプレー→拭くを繰り返していきます。

全身拭いたら、
スリッカーブラシの登場
IMG_7215

スリッカーブラシを使う前に、ザッとドライヤーで乾かす時もあります。



FullSizeRender

スリッカーブラシは、開発者の柴田博士から
パロ・ハンドラー研修会で「おススメ
されてました
FullSizeRender

毛のほつれがとれて、「つや」が出てきました
母ちゃんは、一度逆毛を立てるようにしてから
とかしています。


FullSizeRender
お腹の方も、手先、手の付け根、尾びれの先のほつれをとかしていきます。

手の付け根あたりは、やり過ぎると「ハゲ」てしまうので、注意です



IMG_7222

お顔周りも「おひげ」に気をつけて、まぶたや頬、お口のあたりの毛をとかしていきます。



IMG_7224

全身終了


こちらの冊子には
FullSizeRender
手入れのやり方や
パロとの触れ合い方も書かれています。
こちらからダウンロード可能です

https://www.emikin.com/%E3%83%91%E3%83%AD-paro/


「あ!汚れがついちゃった!」というときは、
とりあえずこちらを使うことも

FullSizeRender

医療機関で使われている
「クリネルのグリーンワイプ」
海外での施設や病院で「パロ・セラピー」の時に、パロを全身拭いて消毒にするために用いられています。
ハッピーネットの触れ合い体験等の時にも
使用しています。
無い場合は、アルコールスプレーやアルコールのウエットシートで拭き取ったりします。

「今日の豆の決め顔」
FullSizeRender

「さっぱりしたよー