こんにちは

まめ母ちゃんです

今年最後の記事となるのは。。。


IMG-2617





















かわいいでしょ!!!

パロのお饅頭のお話です




イケメンのケアマネジャーと、和菓子屋職人さんの出会いから始まります。


イケメンケアマネジャーが担当している
利用者さんのお孫さんが
和菓子職人さんをされており、
毎月訪問すると店番をしていた娘さんと、利用者さんは和菓子を食べつつ
談笑されていました


ちなみにケアマネジャーは、毎月次の月の予定が書いてある「利用票」を持参し、
利用者さんと家族さんに確認をしてもらって、利用票に承諾していただくこと。
そして、ケアプランの目標等や課題についての達成状況、身体やメンタル等の変化はないか?など
お話をしながら確認していくのです


ご自宅で娘さんと過ごし、お孫さんが和菓子を作る姿を見つつ
その利用者さんは、ご自宅で最期まで過ごされました

娘さんも一生懸命ご自宅で、最期を看取られ
今まで駆けずり回った日々も、終わりを迎えました


イケメンケアマネジャーは、娘さんやお孫さんが
「ぽっかりと心に穴が開くだろうな」と「グリーフケア」で何をするのが良いのか
考えました(´・ω・`)

※グリーフケアとは、遺族の複雑で深刻な心の状態を理解して寄り添うことで、回復のサポートを
する取り組み。

そこで、ふと思い浮かんだのが「あざらしのお饅頭」
イケメンケアマネジャーも、パロのことをよく知っていたので思い浮かんだそうです。


IMG-1330













お孫さんに、「パロのお饅頭を作ってもらえないか?」と打診します。
お孫さんは快諾してくださり、パロのお饅頭が誕生しました

パロのお饅頭を見るたびに、お孫さん、娘さん、イケメンケアマネジャーも
みんなで、亡くなられた利用者さんとの思い出が蘇ることとなりました。

イケメンケアマネジャーは
「利用者さんが記憶の中で生き続けるパロ饅頭。娘さん、お孫さん、私にとって特別な思い入れのある
お饅頭です」と語ってくれました


IMG-1210





















お店にまめすけと伺いました





さて、この誕生したお饅頭。
名前をどうするか?となりました。

ここでお願いしたのが、以前パロたちとソーシャルエンゲージドアートで仲良くなった
長野の施設で暮らす子どもたち。




いくつかこちらで名前の候補をピックアップし
子どもたちに投票してもらいました

映えある1位に輝いたのはこちら

image_6487327














パロすけに決定




IMG-2621

















イメージポスターもこんな感じで作ってみたりもしました。


ちなみにパロすけ饅頭は非売品なのです

ハッピーネットのイベント等の時に、特別にお願いして作っていただいています。

一度食べてみたい方は、ハッピーネットのイベントやセミナーにぜひご参加くださいませ




今年1年、
パロのファン、ロボファンの皆様に支えていただき
誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様、よいお年を