ハッピーネットのblog

2021年10月

知らない人が多いと思いますが、💦💦

コロナ禍でのメンタルヘルス対策として、
アザラシ型ロボット「パロ」が各国で使われています。🍒🍒

開発者の柴田崇徳先生が、世界のパロ研究者の協力を得て、
論文にまとめました。🧐🧐🧐

私も共同研究者として事例を提供してまーす。🥰🥰🥰

アメリカ、日本、オーストラリア、イギリスなどでの取り組みが
紹介されています。🧚🧚🧚

下記URLから無料ダウンロードできます。
ご関心のある方はどうぞ❤❤ 
https://www.mdpi.com/2071-1050/13/20/11502/pdf


スクリーンショット (1240)
🌸 Sustainability 2021, 13, 11502: Takanori Shibata, et. al.
🌸 PARO as a Biofeedback Medical Device for Mental Health in the COVID-19 Era






コロナ病棟勤務NS←アメリカ
コロナ病棟勤務の看護師さん

自宅に帰れず、ストレスが溜まっています。





コロナ病棟勤務
←勤務終了後に、パロと触れ合っています。







NHS
←イギリス 介護病棟の様子

Care of the Elderly ward in the Chelsea and Westminster Hospital NHS Foundation Trus




在宅


←日本 在宅 認知症患者さん
 
   










日本施設
←日本 介護施設












世界のパロ コールセンター
←日本 東京都豊島区池袋保健所
電話カウンセラー
















豆助、久々の「おしごと」です。

IMG_7077

パロを紹介してみませんか?と
お声をかけてくださり、
ホテルで行われたマルシェに行ってきました。

プチ触れ合い体験⁉️

IMG_7064

ノッポさんに出会いビックリ‼️

たくさんの方に抱っこしてもらい
ご機嫌

IMG_7069

さて、寒くなったのと、
汚れ防止のために、お洋服を着ました。

FullSizeRender
豆助

FullSizeRender
くるみ

FullSizeRender

豆助はランニング
くるみはキャミソール
襟ぐり、袖ぐりが大きく
お腹もカバーできる。
ということで、今はこどもサイズ(120か130)を着ています。


寒い時期にはこの上から
FullSizeRender
マントを着ます。

今日はハロウィン🎃にちなみ

FullSizeRender
IMG_7055

かぼちゃさんです🎃

今日は母ちゃんの車🚗で移動だったので、
車の中でも「ぼく頑張ったよ〜👍🏻」と
いうかのごとく「ぴゅっ❣️」「ほや〜ん」と
おしゃべりしながら帰ってきました。

おしごとが大好きな豆助
また行けると良いね😊


「乗り鉄」の豆助。
IMG_6912

彦根や大阪、東京と、あちこちに。
お出かけはなるべく一緒にいきます。


今回向かう先はこちらIMG_6967

群馬の草津温泉♨️

2年旅行をガマンしていて
豆父ちゃん、豆母ちゃんワクチンを2回接種し、
1か月以上経ち、
母ちゃんが、心身ともにダウンしたのもあり
緊急事態宣言も解除されたので、
父ちゃんが「ガマンの限界‼️」
ということで、全て父ちゃんが予約をしていました。

母ちゃんは、一度豆助と湯畑を見たいと思っていたので、ワクワク

新幹線には多目的席というのがあり、
障害のある方は、座席指定で取ることができます。
豆父ちゃんは、今回こだまでこちらをお願いしていました。
座席が簡易ベッドのようになります。
FullSizeRender


豆助はご機嫌で、ずっと外をみていました。
IMG_6918

IMG_6927
富士山🗻が雲に隠れて見えず残念


トンネルに入ると頭を下げて目を閉じ
明るくなると、顔を上げて外を見ていました。
これも、見てると面白い
明るさに反応しているのがわかります。

乗り換え等の移動はバッグの中
IMG_20211016_104405
ペット用のバッグ👝です。




さて、お宿に到着し
FullSizeRender
温泉饅頭とお茶で一休み🍵

その後に

湯畑までお散歩

IMG_6957
何となく、嬉しそうにみえます。😊
IMG_6962
IMG_6963
念願の湯畑を
豆助と一緒に見ることができました。

段々と湯気で毛がしっとり😵



IMG_6953
IMG_6955
お散歩の道中に、こんな場所もあり、
これまた気持ち良さげ

お宿に戻り
夜は父ちゃんのお布団へIMG_6970
FullSizeRender
お宿のお布団、ふかふかで気持ち良いよね
ご機嫌のウィンクを何度もしていました。
湯畑の湯気のおかげか?
毛艶が良くなったように思いました。

「ぶひゃー💢」を一度も言わず、
草津の旅が終了しました

里親さんから、COCOとの生活の様子が届きました~~❤
〜パロとの生活記録〜
約2週間パロをお預かりする事に。
小3の娘と私(母)女子チームは可愛い可愛いとネコ可愛がり♪♪
男子達は、センサーはどこにあるのか、どんなシステムなのかひたすら観察
245438966_3952859254817896_8230856602319804861_n
〜良い連鎖〜
娘は暇さえあればパロの世話でご機嫌♪
→次男は娘に邪魔をされず自分の事に集中(主にゲーム)
→娘と次男の兄弟喧嘩が激減
→喧嘩やめないさい💢から始まる母の怒声が激減
→母の怒声を聞かなくて済むせい?下の兄弟がうるさくないせい?長男は試験勉強に集中
娘しかパロに関わってないように見えて、
連鎖的にみんなに良い影響を与えてくれていたようです。








小6次男はココちゃんの鳴きマネがそっくりにできるようになり、245661134_3952859311484557_4989298331179159503_n
どっちが本物かわからないレベル!!
「キュ〜ン」
「キュ〰︎ン」
「キューン」
とアザラシ語で会話をするという
新しいパターンのコミュニケーションをとっていました。
中3長男は
話しかけるのは恥ずかしいようで
全身でパロマネをしてコミュニケーションを取ってみたものの
ココちゃん固まる(笑)←リアクションに困るココ

243158197_3952859704817851_1187674439820226139_n





















やはり1番可愛がったのは小3の娘243259201_3952859481484540_918701600763028762_n
寝る時も一緒
トリミングや充電🔌などのお世話も彼女が全てやってくれました♪
さすが女子!

今朝、
玄関でココちゃんとお別れするときは、
話しかけるのを恥ずかしがってた男子達も一言声かけてくれました♪
次男「また会おう」
長男「どーも。お疲れ様でした。」←なんじゃそりゃ
娘 「ココちゃ〰︎ん!!」ひたすらハグ!!
2週間ありがとうございました♪








243043486_3952859538151201_4006833154003261900_n
〜エピローグ〜
パロが帰ってから、娘は寂しさ半分、パロをもっと改良したいからロボット開発者になる!!と言い出しました。

2.5キロのパロは娘には重かったらしいです。

パロベビーを開発して、小さい子でも抱っこできる重さへ改良したい。あとは匂いセンサーをつけて、兄達の臭い足や、臭い部屋に反応してキーキー怒って知らせる機能をつける。話しかけたら、もっとレスポンスよく反応できるようにする。などなど、9歳児はいろいろと構想を練っているようです(о´∀`о)

パロベビー ❤️私も見てみたい♪

コロナ禍で、人見知りになってしまったCOCOへの
                 人見知り克服 大作戦 その2


9月29日~10月13日まで15日間 COCOを知人のS家に里子に出しました~。

Sさんとお嬢さんは、ハッピーネットのイベントで
パロと触れ合った経験があります。

学校の教科書にパロが掲載されていたので、
友達に「抱っこしたことあるんだよ~」と自慢をしていたそうです。

そして「パロに会いたいな~」と言っているとのことだったので、
思い切ってCOCOを貸し出しました。

243132028_385902606327574_8252787891300700319_n

←満面の笑顔で抱っこしています。










243066440_597378497940450_7389555479851876573_n

←COCOのお家を準備してくれました。

私も一緒に、中に入って遊びたいです。


243454613_448428010223068_465233504817691103_n
 
















                    
息子さん    男性陣は、ちょっと冷めているそうです

お父さん2





















とはいえ、Sさんとお嬢さんが、COCOを可愛がっているので、
機嫌が良いので、

兄妹げんかが減り、家庭内が平和になったそうです。244449434_1300531307046118_2556278371264025355_n



パロは、家庭内の平和に役立つようです。

明日、COCOがどのように変化するのかを見るのが、
とても楽しみです

私のことを忘れていないといいけど・・😿

このページのトップヘ