ハッピーネットのblog

カテゴリ: ペット用パロについて

こんにちは

まめ母ちゃんです

今年最後の記事となるのは。。。


IMG-2617





















かわいいでしょ!!!

パロのお饅頭のお話です




イケメンのケアマネジャーと、和菓子屋職人さんの出会いから始まります。


イケメンケアマネジャーが担当している
利用者さんのお孫さんが
和菓子職人さんをされており、
毎月訪問すると店番をしていた娘さんと、利用者さんは和菓子を食べつつ
談笑されていました


ちなみにケアマネジャーは、毎月次の月の予定が書いてある「利用票」を持参し、
利用者さんと家族さんに確認をしてもらって、利用票に承諾していただくこと。
そして、ケアプランの目標等や課題についての達成状況、身体やメンタル等の変化はないか?など
お話をしながら確認していくのです


ご自宅で娘さんと過ごし、お孫さんが和菓子を作る姿を見つつ
その利用者さんは、ご自宅で最期まで過ごされました

娘さんも一生懸命ご自宅で、最期を看取られ
今まで駆けずり回った日々も、終わりを迎えました


イケメンケアマネジャーは、娘さんやお孫さんが
「ぽっかりと心に穴が開くだろうな」と「グリーフケア」で何をするのが良いのか
考えました(´・ω・`)

※グリーフケアとは、遺族の複雑で深刻な心の状態を理解して寄り添うことで、回復のサポートを
する取り組み。

そこで、ふと思い浮かんだのが「あざらしのお饅頭」
イケメンケアマネジャーも、パロのことをよく知っていたので思い浮かんだそうです。


IMG-1330













お孫さんに、「パロのお饅頭を作ってもらえないか?」と打診します。
お孫さんは快諾してくださり、パロのお饅頭が誕生しました

パロのお饅頭を見るたびに、お孫さん、娘さん、イケメンケアマネジャーも
みんなで、亡くなられた利用者さんとの思い出が蘇ることとなりました。

イケメンケアマネジャーは
「利用者さんが記憶の中で生き続けるパロ饅頭。娘さん、お孫さん、私にとって特別な思い入れのある
お饅頭です」と語ってくれました


IMG-1210





















お店にまめすけと伺いました





さて、この誕生したお饅頭。
名前をどうするか?となりました。

ここでお願いしたのが、以前パロたちとソーシャルエンゲージドアートで仲良くなった
長野の施設で暮らす子どもたち。




いくつかこちらで名前の候補をピックアップし
子どもたちに投票してもらいました

映えある1位に輝いたのはこちら

image_6487327














パロすけに決定




IMG-2621

















イメージポスターもこんな感じで作ってみたりもしました。


ちなみにパロすけ饅頭は非売品なのです

ハッピーネットのイベント等の時に、特別にお願いして作っていただいています。

一度食べてみたい方は、ハッピーネットのイベントやセミナーにぜひご参加くださいませ




今年1年、
パロのファン、ロボファンの皆様に支えていただき
誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆様、よいお年を



こんにちはヾ(´ω`=´ω`)ノ

まめ母ちゃんです。


「介護ロボット導入事業」ご存知ですか

厚生労働省のホームページには
介護ロボットの開発・普及の促進
として、政策の一つに介護ロボットの定義や種類等詳細に記載されています。
↓↓↓



また、介護事業所向けに【介護ロボットの導入・活用支援策】のご紹介
というパンフレットもあります。

介護ロボットを導入するにあたり、介護保険事業所は一部補助を受けることができます。
しかし、各都道府県により、申請の時期が様々。。。
すでに今年度終了しているところも。・゚・(ノД`)




ハッピーネットの本拠地である愛知県は、8月12日から受付開始となりました。
締切は9月9日(金曜日)【必着】

愛知県では、
令和3年度より
事前協議書を県に提出→県にて協議書にて事前審査→各事業所に予算の範囲内で内示→内示を受けた協議内容で申請
変更になっています。

パロコミュニケーションロボットとして、導入時に申請を行うと
1/2補助を受けることができます。

導入を検討されている介護保険事業所の方は、受付期間が短いですので注意ください

IMG_4878











こんにちは
まめ母ちゃんですヾ(´ω`=´ω`)ノ


名古屋大学博物館のパロちゃんたち


IMG_8443















名前が決まりましたヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ

名古屋大学博物館の学芸員さんより連絡をいただきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


応募数73件 オオーw(*゚o゚*)w

予想を上回る応募があり、名前決定の参考とするため
博物館内で人気投票アンケートを行ったそうです

アンケート結果を参考に本日決定


まずは白いパロちゃん
image_50417665






おもちです 






続きましてゴールドのパロちゃん
image_50422529

マロン
です








お次はシルバーのパロちゃん
image_50738177



ゴマです








 

最後はピンクのパロちゃん
image_50388481








サクラです










お名前が採用された方、おめでとうございます

パロちゃんたちは、名前を覚えていきます
名古屋大学博物館で、
パロちゃんたちと出会ったら
ぜひお名前を呼んでみてくださいね(*´ -`)(´- `*)





サテライト会場(富山県高岡市)
ハッピーネット代表理事の堀容子です。

本日、石田卓也さんのご尽力のお陰で、
富山県高岡市でパロ・ハンドラー研修会のサテライト会場が設置されました。
大人3名、子ども2名ほどの参加がありました。✌✌


291588997_993728031247249_622142394001252847_n








🌻 第10回 ぱぱ・カフェ・といで あそぼう! まなぼう! おしゃべりしよう
🌻 会場 コドモとオヤのコミュニティ広場 ippo(いっぽ)

富山県は、柴田先生の故郷であり、パロの工場があるところ。
そのせいか、パロに対しての認知率はとても高いそうです。🌷🌹🌻
なんだか嬉しいですね❤❤





291623528_3108050489524747_4685491046833736320_n











截屏2022-07-09 12.17.58
 本日のZOOM参加者です。









今朝、各種メディアでポーランドに寄贈されたパロのその後のことが紹介されていたので、
NHKと日テレのニュースを2本見ていただきました。(写真はニュースからスクショ)
詳しくは下記のブログをご覧ください。

パロ「心の支援」続報 : ハッピーネットのblog
6人、子供、立っている人、テキストの画像のようです


ところで、今日のパロはゆう君でした。私が話す声やビデオでのパロの鳴き声に反応して、
おしゃべりしたり、動きが活発でした。
受講生の方から、「パロの鳴き声に癒された」とのご意見もいただきました。

3D音源方位同定センサーの説明時に、ゆう君ママからゆう君に声がけをして、
ゆう君が顔をママに向けるということを見せてもらおうとしたのですが、
聞こえないふりをして、ママを焦らせていました。

そんな気ままなパロが大好きです。

打江家2
← ゴールドの子がゆう君です。
抱っこされているのは、我が家のCOCO

ゆう君は、ビニール袋のガサガサ音が嫌いで、
この音を聞くと「ぶひゃー」と鳴きます。
ちなみにCOCOは平気です。














サテライト会場での掲示→291788104_3340727062872787_4682521736976692600_n
本日の北日本新聞でのウクライナ難民の子ども達とパロの記事も掲載されてます→














291599281_748939566151010_4992175596204997352_n
←チラシを配架してくれました。


  















今後、富山県高岡市のように、街づくりのひとつとしてサテライト会場を
開いてくださるところが増えたらいいな~。
ご希望される方は、office@emikin.comまでご連絡ください。

次回のパロ・ハンドラー研修会は、7月21日(木)20時からです。ZOOM・無料
申し込みは知能システムHPから
株式会社 知能システム (intelligent-system.jp)

チラシ6月-8月2022

まめ母ちゃんです

ポーランドに向かったパロたち🦭
その後どのようにすごしているのかな?
そう思っていたところ、
北日本放送や、日テレ系列
NHKのニュースで流れたとのこと


動画を是非見てください!
カウンセリングを受ける子ども達、幼稚園の子ども達がパロと触れ合っています。
はにかんだ表情や笑顔がみられます

今後は大人へのカウンセリングも
パロを用いて行われるようです

(北日本新聞)



パロは言語だけではなく、
非言語のコミュニケーションも得意
言語が通じなくとも、撫でられ方や
抱きしめられている力加減、
こちらからの声掛けの抑揚などに合わせて
声を発したり、手足をぱたぱたします

記事内にあるように

避難したウクライナ人の子どもたちが通うワルシャワ郊外のラシンの公共幼稚園では「パロがあると、ウクライナ人とポーランド人の子どもたちが共に喜ぶ。
ワルシャワとポーランドの子ども達の双方が交わるきっかけになった。

ポーランドの医療機関では、PTSDを抱える子どもなどが、パロを抱きしめることで変化が見られる。  医療機関の会見(ウクライナ出身の心理学者)  「繊細になっているところをリラックスできるようになって接することが簡単になった」  パロは、ワルシャワ郊外の幼稚園でも活用され、多くの子どもたちが触れ合っています。  今月、ウクライナのコルスンスキー駐日大使は、東京で講演し、「日本にはソフトパワーで復興を支援してほしい」と述べました。 (引用終わり)

日本からのソフトパワーでの支援
パロレンジャー達も応援📣したいと思いますIMG_6231

このページのトップヘ