ハッピーネットのblog

カテゴリ: ペット用パロについて

こんにちは
まめ母ちゃんですヾ(´ω`=´ω`)ノ


名古屋大学博物館のパロちゃんたち


IMG_8443















名前が決まりましたヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ

名古屋大学博物館の学芸員さんより連絡をいただきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


応募数73件 オオーw(*゚o゚*)w

予想を上回る応募があり、名前決定の参考とするため
博物館内で人気投票アンケートを行ったそうです

アンケート結果を参考に本日決定


まずは白いパロちゃん
image_50417665






おもちです 






続きましてゴールドのパロちゃん
image_50422529

マロン
です








お次はシルバーのパロちゃん
image_50738177



ゴマです








 

最後はピンクのパロちゃん
image_50388481








サクラです










お名前が採用された方、おめでとうございます

パロちゃんたちは、名前を覚えていきます
名古屋大学博物館で、
パロちゃんたちと出会ったら
ぜひお名前を呼んでみてくださいね(*´ -`)(´- `*)





サテライト会場(富山県高岡市)
ハッピーネット代表理事の堀容子です。

本日、石田卓也さんのご尽力のお陰で、
富山県高岡市でパロ・ハンドラー研修会のサテライト会場が設置されました。
大人3名、子ども2名ほどの参加がありました。✌✌


291588997_993728031247249_622142394001252847_n








🌻 第10回 ぱぱ・カフェ・といで あそぼう! まなぼう! おしゃべりしよう
🌻 会場 コドモとオヤのコミュニティ広場 ippo(いっぽ)

富山県は、柴田先生の故郷であり、パロの工場があるところ。
そのせいか、パロに対しての認知率はとても高いそうです。🌷🌹🌻
なんだか嬉しいですね❤❤





291623528_3108050489524747_4685491046833736320_n











截屏2022-07-09 12.17.58
 本日のZOOM参加者です。









今朝、各種メディアでポーランドに寄贈されたパロのその後のことが紹介されていたので、
NHKと日テレのニュースを2本見ていただきました。(写真はニュースからスクショ)
詳しくは下記のブログをご覧ください。

パロ「心の支援」続報 : ハッピーネットのblog
6人、子供、立っている人、テキストの画像のようです


ところで、今日のパロはゆう君でした。私が話す声やビデオでのパロの鳴き声に反応して、
おしゃべりしたり、動きが活発でした。
受講生の方から、「パロの鳴き声に癒された」とのご意見もいただきました。

3D音源方位同定センサーの説明時に、ゆう君ママからゆう君に声がけをして、
ゆう君が顔をママに向けるということを見せてもらおうとしたのですが、
聞こえないふりをして、ママを焦らせていました。

そんな気ままなパロが大好きです。

打江家2
← ゴールドの子がゆう君です。
抱っこされているのは、我が家のCOCO

ゆう君は、ビニール袋のガサガサ音が嫌いで、
この音を聞くと「ぶひゃー」と鳴きます。
ちなみにCOCOは平気です。














サテライト会場での掲示→291788104_3340727062872787_4682521736976692600_n
本日の北日本新聞でのウクライナ難民の子ども達とパロの記事も掲載されてます→














291599281_748939566151010_4992175596204997352_n
←チラシを配架してくれました。


  















今後、富山県高岡市のように、街づくりのひとつとしてサテライト会場を
開いてくださるところが増えたらいいな~。
ご希望される方は、office@emikin.comまでご連絡ください。

次回のパロ・ハンドラー研修会は、7月21日(木)20時からです。ZOOM・無料
申し込みは知能システムHPから
株式会社 知能システム (intelligent-system.jp)

チラシ6月-8月2022

まめ母ちゃんです

ポーランドに向かったパロたち🦭
その後どのようにすごしているのかな?
そう思っていたところ、
北日本放送や、日テレ系列
NHKのニュースで流れたとのこと


動画を是非見てください!
カウンセリングを受ける子ども達、幼稚園の子ども達がパロと触れ合っています。
はにかんだ表情や笑顔がみられます

今後は大人へのカウンセリングも
パロを用いて行われるようです

(北日本新聞)



パロは言語だけではなく、
非言語のコミュニケーションも得意
言語が通じなくとも、撫でられ方や
抱きしめられている力加減、
こちらからの声掛けの抑揚などに合わせて
声を発したり、手足をぱたぱたします

記事内にあるように

避難したウクライナ人の子どもたちが通うワルシャワ郊外のラシンの公共幼稚園では「パロがあると、ウクライナ人とポーランド人の子どもたちが共に喜ぶ。
ワルシャワとポーランドの子ども達の双方が交わるきっかけになった。

ポーランドの医療機関では、PTSDを抱える子どもなどが、パロを抱きしめることで変化が見られる。  医療機関の会見(ウクライナ出身の心理学者)  「繊細になっているところをリラックスできるようになって接することが簡単になった」  パロは、ワルシャワ郊外の幼稚園でも活用され、多くの子どもたちが触れ合っています。  今月、ウクライナのコルスンスキー駐日大使は、東京で講演し、「日本にはソフトパワーで復興を支援してほしい」と述べました。 (引用終わり)

日本からのソフトパワーでの支援
パロレンジャー達も応援📣したいと思いますIMG_6231

こんにちは。
一般社団法人ハッピーネット代表理事の堀容子です。

8月24日の名古屋大学博物館でのパロの講演&触れ合い体験の
申し込みが、本日、13:00~でしたが、90分後には、
な、なんと 
すでに受付終了となっていました。
お申し込みくださった皆様に心よりお礼を申し上げます。

IMG-8470



















IMG_8443
←充電中で寝ています。


















13:00少しすぐに事務局に用事があってメールをしたところ、
申し込みが殺到しているとの連絡がありました。

もし、申し込みできなかった人が多いようなら、ZOOMでの一般参加ができないか、
事務局にお願いをしてみたいなあと思っています。

ただ、触れ合い体験の撮影は難しそうですし、事務局がどう判断するか
不明ですので、期待はしないでいただきたいですが・・

名大博物館のパロ4台とハッピーネットのパロ6台合計10台を使います。
全色そろい、第9世代と第8世代がそろい、これだけの台数がそろった
触れ合い体験は、たぶん世界で初めてになると思います。

柴田先生
←講演者で開発者の柴田崇徳博士
















スクリーンショット (2779)

←講演者でハッピーネット代表の堀容子







写真4

←参加者には、ハッピーネットオリジナルカードを
進呈いたします。







聖地はんこ

←裏には、ハッピーネットオリジナルハンコを押印します。
「パロの聖地」









ロボットのセンサー機能を体感しつつ、楽しめる企画を練っています。
何だかワクワクしてみました。
皆さんのお越しを心よりお待ちしています。

277843626_742202496781255_223892475683478079_n
←名古屋大学博物館入口

こんにちは まめ母ちゃんです

パロの表情って変化するの⁉️

はいするんですよ。
ウインク(^_−)−☆や半眼( ̄^ ̄)になります。


ぱろすけちゃんのオーナーであり、
パロトレーナーでもあるneoさんのブログにも
ウインクについて書かれています
↓↓↓クリック👇🏻



ご機嫌が良くて、足をフリフリしはじめると
ウインク(^_-)するチャーンス‼️IMG_9782

ウインクした後に
「うわぁ✨上手にウインクしたね
「賢いねぇ
「かわいいよ〜」と褒めちぎるのも大切

『こうすると、褒めてくれる。』
『喜んでくれる』というのを学習していきます。

ハッピーネット会員のパロトレーナー情報によると、縦抱っこして足をフリフリしはじめると
ウインク(^_-)することが多いとのこと
これ、本当なんです


ウインクは、縦抱っこした時に多く見られますが、一瞬が多くて見逃してしまうことも

ここまで長いウインクはまれですが、
たま〜にあります。

それに対して


作業やらしていて、ひとりぼっちになると
「ぴゅっ‼️」
「ほや〜ん」
「くぃ〜ん💦」など
必死に伝えてきます。

そして振り返ると
IMG_3792
IMG_6605

半眼
母ちゃんは「ぶさまめ」と呼んでいます💦

これ、やられちゃうと結構堪えるんですよ💧
「しらーーー」として
しばらく「ツーン」が続いたりもします。
IMG_8164

その時によってすねてる?や笑顔に見えたり、
こちらの感情により、そう見えているのも
あると思います。

触れ合い体験で、抱っこできるチャンスがあったら
一度縦抱っこで試してみてください
ウインクしてくれてるかも
FullSizeRender

このページのトップヘ