ハッピーネットのblog

カテゴリ: パロのマスコミ紹介

こんにちは。ハッピーネット代表理事の堀です。
アバター
びっくりしました~。
2023年1月30日日本政府公式アカウントのフェイスブックおよびツイッターで、
な、なんと!!  パロのことが紹介されました~~。

ただし、海外向けサイトなので英語版です。

ということで、このブログでは日本政府のSNSで、パロがどのように紹介されたのかを
皆さんにお伝えしたいと思います。

なお、フェイスブックとツイッターのどちらも同じ動画が使われていますので、このブログは、
1.ツイッター、2.フェイスブック、3.動画の内容 4.もっとパロのことを知りたい方へ
の順に紹介をしたいと思います。

1.ツイッター日本政府公式ツイッター「パロ」

内閣府首相官邸アカウント
スクリーンショットです。
「Japan government organization」と書かれていますね。

←ツイッター文章
行動を学習し、個性を獲得するAIを搭載したコンパニオンロボット「PARO(パロ)」。国内では介護現場で、海外では#認知症や#PTSDなどの対策用医療機器として活用が始まっています。

AIST : HIIRI Topic Takanori Shibata
↑↑
なお、ツイッターでは、産業技術総合研究所のパロのページもリンクされています。







日本政府

←Japan government organizationをクリックすると、この画面になります。








2. フェイスブック: 日本政府公式FB「パロ」
 ツイッターよりも若干、文章が長いです。
日本政府FB

画像が小さいので、翻訳されている部分をコピペしました。↓↓

「快適な生き物」に新しい意味を与えるPAROはペットとアニマルセラピーの代替品として開発されたコンパニオンロボットです。 ベビーハープシール(タテゴトアザラシの赤ちゃん)をモデルに、一つ一つ手作業で作られており、顔の特徴などがあります。 所有者の好みに応じた行動を学び、個性を身につけることができるAIが搭載されています。

日本では介護でPAROが使われていますが、海外ではロボットが認知症やPTSD等に対処する医療機器として使用されていると見られています。 彼らは多くの人に楽しみと快適をもたらし、最近、感情的な支援を支援するためにウクライナからの難民に寄付されました。


3. 動画の内容
 では、動画でどのように紹介されているのかを見ていきましょう。

その1:パロが海外で医療機器であること、動作等
パロの紹介 動画

←ペットの代替やアニマルセラピーとして開発された、タテゴトアザラシの赤ちゃんをモチーフにしたかわいいロボットです。(ビデオ翻訳)











その2:アメリカ連邦政府のファンドで全額助成を受けてパロが導入された高齢者施設で認知症の女性
動画その2


←PAROはAIを搭載しており、オーナーの好みに合わせた行動を学習し、個性を身につけることができます。
(ビデオ翻訳)










その3:アメリカ退役軍人省病院でPTSDと認知症の元軍人(男性)
動画その3



←海外では、認知症やPTSDなどの医療機器として使用されています。(ビデオ翻訳)










その3:スウェーデン・カロリンスカ研究所附属病院小児病棟で人工呼吸器をつけている女の子
動画その4
















その4:ポーランドの精神科病院でウクライナの避難者の子供たちの「心の支援」
動画その5















その5:日本政府
動画その6

←なんだかかっこいいですね~













4. もっとパロのことを知りたい方へ
 A. 無料セミナー:パロ・ハンドラー研修会 2回/月 90分 zoom 
   次回は2月4日(土)10:30~

2022.12-2023.03

     申し込み:笑み筋体操ハッピーネット - 笑み筋体操 ハッピーネット! (emikin.com)

    この研修会のことをより詳しく知りたい方は下記のブログをご覧ください。↓↓

 「パロ・ハンドラー研修会」に参加してきました!|うちにはアザラシがいます (parosuke9.com)

  B. 有料セミナー:パロ・トレーナー養成講座 6時間の研修 対面式 随時開催
    3月11日10:30~18:00 受講料:ハッピーネット会員:9,900円  一般:19,800円

チラシ
 
チラシ裏

申し込み:笑み筋体操ハッピーネット - 笑み筋体操 ハッピーネット! (emikin.com)

   この研修会のことをより詳しく知りたい方は下記のブログをご覧ください。↓↓↓
パロ・トレーナー養成講座(中級)受講後の特典と、2種類の講座をご紹介|うちにはアザラシがいます (parosuke9.com)

「パロ・トレーナー」ってどんな人?養成講座、受講してきました|うちにはアザラシがいます (parosuke9.com)

【パロ・トレーナー養成講座】2022年4月2日・名古屋で開催決定!|うちにはアザラシがいます (parosuke9.com)

最後に・・・・
アバター2
 日本政府の公式SNSで紹介されたことは、パロのアンバサダー集団である私共にとっても、とても励みになりました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました💛💜

こんにちは(*・ω・)ノ
まめ母ちゃんです

『ロボット大賞 ROBOT AWARD』ご存知ですか

今年で10回目だそうです
(母ちゃんはじめて知りました

ロボット大賞とは?



なんと2006年から開催されていました

その2006年第1回に パロが優秀賞(サービスロボット部門)を受賞
しています

パロたちの詳細と動画も出ていますので、是非覗いてみてくださいね



さて、今回は記念すべき10回目ということで、
記念特別賞という賞が誕生

パロが受賞しました


記念特別賞とは?→
第10回を記念して、第1回~第9回までの受賞案件の中から、大きな社会的インパクトを与え、業界の変革につながったロボット等について記念特別賞を授与します。と、ロボット大賞の賞位というところに書いてあります。

PDFはこちらをクリック→記念特別賞PDF

評価のポイント:

「少子高齢化の影響により人手不足が深刻化するなか、認知症高齢者の増加は世界共通の課題でもある。2002年、世界で初めてロボット技術を活用してセラピー効果が認められたパロは、日本が誇れる介護ロボットであり、かつ国際的にも評価されている。また、製造はすべて日本国内で手作りされ、20年にわたり多くの国々で利用されていることも評価された。」(ロボット大賞より抜粋)


評価のポイントに書かれていますが
2002年から20年にわたり多くの国々で利⽤されていること。
それが日本の国産のロボットであること。
長い間、活用されてきていることって、本当にすごいことだと思っています。

ハッピーネットは、2016年からパロのアンバサダー集団として、実証実験・研究に携わり、
ふれあい体験等の普及活動を行なっています。

現在は、施設等やご自宅でのパロの育成のためのパロハンドラー研修会
パロたちを有効に活用できる、トレーナーの育成のための
パロトレーナー養成講座開催しています。

PXL_20220824_061306330PXL_20220824_063013183







                                                                           











今後も、パロの周知・啓発を

柴田先生や(株)知能システムとともに、継続して頑張ってまいります





柴田先生のコメントが
こちらに出ています↓↓↓



授賞式は10月19日です✨
柴田先生!パロちゃんたち
おめでとうございます
PXL_20220824_065658090


こんにちは。
ハッピーネット代表の堀です。

6月に引き続き、8月4日に日本大使館を通じて
2度目のパロの寄贈がされました。

ウクライナ難民とその子ども達に心の平安が訪れますように。

寄贈先は
ポーランドのプルシュコフのワルシャワ医科大学とマゾビア神経精神医学センター
308922801_2444721399009592_7300126393510252177_n
宮島昭雄駐ポーランド特命全権大使から
贈呈 宮島昭夫 - Wikipedia

写真 下記②のリンク先より
プルシュクフ病院、患者のストレス解消のため、愛らしいロボット「セラピー用アザラシ」を採用
The first News 掲載


注目
な、なんと!!
今回のパロは、日の丸のタグをつけているんですよ~。
日の丸パロ

写真 下記②のリンク先より
プルシュクフ病院、患者のストレス解消のため、愛らしいロボット「セラピー用アザラシ」を採用
The first News 掲載

ヨーロッパ用医療機器「パロ」が寄贈されました


<これまでの経過>
6月にパロ4体を、ポーランドの2カ所の医療機関に
(株)知能システムが大使館を通じて贈呈。
贈呈先:ワルシャワ医科大学とマゾビア神経精神医学センター
この事は日本のメディアでも多数紹介されました。

詳細はまめ母さんの記事をご覧ください。
パロ「人の心の支援」〜ウクライナ支援〜 : ハッピーネットのblog


贈呈後、幼稚園や病院で心の支援として使われている様子が、
6月に日本のメディアで多数紹介されました。
292651817_2381706505311082_7344141602001013942_n
出典:https://news.ntv.co.jp/nnn/101eb9j8qkkjyqvy0bt

ただし、すでにリンクは切れて入れ映像を見ることができません。





292764917_2381707028644363_5288883562436106822_n (1)
出典:https://news.ntv.co.jp/nnn/101eb9j8qkkjyqvy0bt

ただし、すでにリンクは切れて入れ映像を見ることができません。




やはりまめ母さんの記事を書いていますので、ご覧ください。
パロ「心の支援」続報 : ハッピーネットのblog


今回(8月)のパロの贈呈式の後、式典の参加者はウトラタ川の宮殿に
移動し、病院の患者さんが治療活動の一環として描いた絵画などの展示を見学したそうです。🍂🍁
この展示された絵画を観たいですね~~。🌷🌻🌷🌻

入院患者の作品展

写真 下記①のリンクより
ワルシャワのマゾヴィア地方庁舎HP掲載
















また、贈呈先の医療機関とは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に対する
共同研究が始まっているとのこと。

今後の展開が楽しみですね~~


ポーランドで紹介されたサイトです。
①プルシュコフの病院の患者のためのPARO治療機器の引き渡し
ワルシャワのマゾヴィア地方庁舎HP掲載

https://www.gov.pl/web/uw-mazowiecki/przekazanie-sprzetu-terapeutycznego-paro-dla-pacjentow-szpitala-w-pruszkowie

②プルシュクフ病院、患者のストレス解消のため、愛らしいロボット「セラピー用アザラシ」を採用
The first News 掲載
Pruszków hospital adopts robotic ‘therapy seal’ to help relieve stress – The First News

③パロの対話型の白いアザラシを小児治療に役立てる。病院内でロボットが活躍
niezalezna掲載
https://niezalezna.pl/452557-interaktywna-biala-foka-paro-ma-pomoc-w-terapii-dzieciecej-robot-zaczyna-prace-w-szpitalu

④ぬいぐるみ型ロボットがプルシュクフ病院の患者を治療する
wyborcza.pl WARSZAWA 掲載
https://warszawa.wyborcza.pl/warszawa/51,54420,28758574.html#S.ga

⑤治療用ロボットがウクライナからの難民を支援します。ポーランドで初めてのPAROロボットです。
wprost Medycyna掲載
https://zdrowie.wprost.pl/medycyna/10739440/terapeutyczne-roboty-pomoga-uchodzcom-z-ukrainy-to-pierwsze-roboty-paro-w-polsce.html

こんにちは。
一般社団法人ハッピーネットの代表理事 堀容子です。

ヘルスケアヒーローズと言うyou tube番組で紹介された下記の番組が
1000回視聴となりました~~。

「海外で医療機器として認められるアザラシ型ロボット”PARO”とは 
一般社団法人ハッピーネット堀容子代表に聞きました」(2022年3月22日アップ)


1000回視聴











16分でパロの概略を知ることができます。
(5) 海外で医療機器として認められるアザラシ型ロボット”PARO”とは 一般社団法人ハッピーネット堀容子代表に聞きました - YouTube

4台のパロと、パロ・トレーナー(中級)である柴山さんと中村さんが出演しています。

パロは、左からころんちゃん(第9世代セラピー用)、昴君(第9世代ペット用)、
夢ちゃん(第9世代ペット用)、タママちゃん(第8世代ペット用)です。

少しづつですが、関心を持ってくださる人が増えて、嬉しいです。
ご視聴くださいました皆様に心よりお礼を申し上げます。

番組を制作してくださった「ヘルスケアヒーローズ」の皆様に感謝いたします。❤

撮影時の様子は下記をご覧ください。
YouTubeアップされました! : ハッピーネットのblog


まめ母ちゃんです

SNSやTVの報道等で、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、

パロたちがウクライナ支援のため、ポーランドへ向かいました。

 

















2022年7月9日追加分





たくさんのリンク先を貼り付けましたが、とても嬉しくもあり、張り切って貼り付けて
おります

パロたちがポーランドへ向かうことになったのはなぜ?
こちらに、開発者の柴田博士からのメッセージを転載いたします。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

アザラシ型ロボット・パロの研究会、及びパロ・ハンドラー研修会にご参加を頂いた皆様へ

お世話になります。
コロナ禍の中、感染者数がやや減って、少し日常生活が戻ってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

アザラシ型ロボット・パロについて、2021年から最新型のヨーロッパ向け医療機器版パロ(MCR-911MD)がヨーロッパで販売され、各国で大好評を得ています。

このような中、2022年2月24日からロシア侵攻が始まり、攻撃を受けたウクライナの市民の内、女性、子供、高齢者の大勢が、同国西部や周辺国へ避難されています。

これまでの大地震被災地支援等の経験を活かして、最新型のヨーロッパ向け医療機器版のパロを避難者の「心の支援」に活用するため、ジェトロ・ワルシャワ事務所や在ポーランド日本大使館のご尽力により、ポーランドの2つの医療機関(マゾフシェ県神経精神医学センター、及びワルシャワ医科大学医療センター)で、パロを活用して頂けることになり、添付プレス・リリース資料のように、昨日、宮島昭夫・駐ポーランド特命全権大使から、大使公邸において、4体のパロが贈呈されました。

幸いなことに、2つの医療機関は、パロのことをご存じでご興味を頂いていたのですが、まだ導入したことが無かったため、今回の贈呈を大変喜んでいらっしゃいました。ポーランドでは、初めての導入になります。

今後、2つの医療機関は、避難民キャンプでのワークショップ、大学付属病院や地域の病院で入院や通院する避難民、さらには、ウクライナで戦争で負傷した市民(特に子供)の国際緊急医療航空での搬送の際、等に、パロを活用したいと計画されております。

産総研では、2つの医療機関に「パロの活用と効果」に関する記録を依頼し、その情報の共有して、パロの活用事例や効果の事例のデータベースを構築し、今後の更なる機会のための準備として、避難民向けのパロ運用のSOP (Standard Operation Procedures)の開発を予定しています。

トルコの「バイラクタル」やアメリカの「ジャベリン」等のような武器による「軍事支援」を行うことは、日本はできませんが、「パロによる心の支援」で、「人道的支援」を行えるように努力します。

今後、パロ研究会やパロ・ハンドラー研修会(次回は6月11日(土))で、近況を報告させていただきます。

また、皆様方のご支援、ご指導をよろしくお願いいたします。

柴田崇徳
----------------------------------------------------------------

(転載終わり)

これとは別に、プレスリリースもあります。↓↓↓
20220601・プレス配布資料-.pdf 

このメッセージの中に『これまでの大地震被災地支援等の経験を活かして』とありますが、
2011年の東日本震災の時にも、パロたちが被災地に向かい心の支援を行なっています。
詳しくはこちら↓↓↓
東日本震災パロ心のケア.pdf 



6月11日(土)開催の
パロハンドラー研修会では、
(10:30〜12:00)
柴田博士からウクライナ支援についてのお話があります。
申し込みはこちら↓↓↓



パロトレーナーのneoさんのブログには、
柴田博士が登場し、ウクライナ支援についての
詳しいお話も❣️




まめ母ちゃんは、「2021年から最新型のヨーロッパ向け医療機器版パロ(MCR-911MD)がヨーロッパで販売」というところも興味があります。
MCR-911って見たことないので、「医療機器版のパロってどのような反応するのかな?」などなど、
また、日本でお目にかかれたらと願っています

「避難
民向けのパロ運用のSOP (Standard Operation Procedures)の開発を予定」
こちらもどのような内容なのか⁉️
気になります


日本のパロたちと共に、穏やかに過ごせる日が来ることを願いつつ
ポーランドへ向かったパロたちを
応援したいと思います。           


       IMG_8123

このページのトップヘ